Share |

トランプ大統領、またも吠える

4月5日、トランプ大統領はまたもFRBを攻撃した。トランプ大統領はよほどFRBのこれまでの利上げが気に食わないのだ。なにがなんでもFRBに利下げさせたい。「FRBは本当に景気の足を引っ張った。インフレはまったくない」、「足元、量的緩和であるべきだ」ともいう。これにFRBはどう応えるのだろうか。トランプ大統領とFRBの関係はこれまでになく緊張している。トランプ大統領の息の掛かった理事をFRBに送り込もうとしており、FRBは日銀のように政権の傀儡になろうとしている。

米雇用統計によれば、3月の失業率は3.8%と前月と同じであった。昨年、9月と11月は3.7%と1969年12月以来約49年ぶりの低水準を記録したが、3月はそれより0.1ポイント高いだけである。25歳以上の大学卒に限れば2.0%であり、米国経済はほぼ完全雇用であり、まれにみる好雇用環境にある。

雇用者をフルタイムとパートタイムに分けてみると、今年3月のフルタイムは1億2,996万人と2009年12月の底から1,941万人増加している。他方、パートタイムは3月、2,693万人と54万人の減少だ。その結果、パートタイム・フルタイム比率は24.9%から20.7%に低下しており、米雇用はその中身も改善しているのである。

Full text available to premium subscribers only

関連資料サイズ
190408).pdf423.78 KB