Share |

利下げを迫るトランプ大統領

3月20日、FRBは利上げを中止し、バランスシートの縮小も9月に終えると発表したが、29日、トランプ大統領は「FRBは誤った利上げをせず、愚かな量的引き締めもしていなかったとすれば、GDPの3.0%も株式市場ももっとすごかったはずだ」とFRBを批判した。さらに同日、米国家経済委員会のカドロー委員長は「FRBは直ちに0.5%の利下げを行うことが望ましい、それが大統領の意向だ」とメディアに語った。

最近の経済指標などに基づけば、米国経済の減速傾向ははっきりしてきており、それに歩調をあわせるように物価もより落ち着いてきている。昨年の12月からのFRBの姿勢はあきらかに金融緩和を滲ませているが、トランプ大統領はそれでも不満なのである。FRBに対する政治的圧力はさらに高まり、FRBは利下げを余儀なくされることになるだろう。

2018年の2.9%成長から今年は1.9%~2.2%に減速するとFRBは予測する。1%も低下するのであれば、利上げなどもってのほかだ、直ちに利下げすべきだということになる。来年、大統領選を控え、これから経済が失速する事態にでも陥れば、選挙で不利になることは間違いない。だから、トランプ大統領は景気拡大を持続させることに躍起になっているのだ。経済を良くするためにはあらゆる手段を動員するはずだ。

Full text available to premium subscribers only

関連資料サイズ
190401).pdf415.65 KB