Share |

就職の前に保育と介護の体験を

4月12日発表の人口推計(総務省、2018年10月1日現在)によれば、日本の総人口は1億2,644万人、前年比-0.21%、日本人人口は1億2,421万人、同-0.35%である。いずれも8年連続減であり、しかも減少率は拡大している。出生減と死亡増により、日本人人口は前年よりも42.4万人も減少しており、5年前よりも20万人ほど減少幅は拡大しているが、外人の流入増で総人口は26.3万人減に留まっている。65歳以上は総人口の28.1%に上昇する半面、15歳未満は12.2%へと低下し続けている。2015年以降、75歳以上が15歳未満を上回っており、人口構成はますます歪になっている。

15歳未満の人口が減少し続けていることは、出生数が減少していることでもある。2018年の出生数は94.4万人と3年連続減、10年前の2008年比では16.4万人減である。これだけ人口減と少子高齢化がやかましく言われているにもかかわらず、出生減に歯止めはかからない。第2次安倍政権が発足してから6年以上経過するが、その間、出生数は10.3万人減少した。その前の6年間の4.4万人減の2倍以上の減少だ。

Full text available to premium subscribers only

関連資料サイズ
190415).pdf385.02 KB