Share |

"債務の製造マシン"

 

50%のヘアカットでギリシャが救われることはないでしょうね。 
ルモンドが紹介している下記の見解が順当かな。 
「・・・一種のマーシャル・プランを通して同国の成長を加速する支えがなければ、ギリシャは”債務の製造マシン”でありつづけるだろう。そして10年のうちに、 おそらく7年で、同国は公的債務がGDPの160%となり再び窒息するだろう。言い換えれば、出発点に戻るわけだ。」 
 
"On a donné une aspirine au pays. Il lui faut encore un traitement de choc" - LeMonde.fr http://www.lemonde.fr/crise-financiere/article/2011/10/27/on-a-donne-une-aspirine-au-pays-il-lui-faut-encore-un-traitement-de-choc_1594904_1581613.html