Share |

Content about Finance

4月 10, 2011

 

やっと休日を迎えた感じだ。先週、読めなかった情報をネットで読む。Peterson Institute for International Economics にある Anders Aslund の Carry Trade Aggravates the Oil Shock が目にとまった。
 
需給ギャップを言い、緩和的な金融政策を採る主流の経済学に批判的な議論は、高止まりしたコモディティ価格をもたらしたキャリートレードの現実を見る者には、そうした見解もさもありなんと思わせる。
議論を、下記に簡単にメモしておくか。
 
・・・
 
最近の石油価格ショックは世界の主要な中央銀行やその見当違いの金利政策にとって更なる注意を払うべき教訓として役立てられるべきである。現在主要な中央銀行は3月にユーロ圏におけるインフレ率が年率で2.6%に上昇したにもかかわらず、マイナスの実質金利を維持している。いまだ、欧州中央銀行が来週、その主要金利を年率1.0%から1.26%に引き上げることを意図していても、米連邦準備制度理事会と日本銀行はゼロ金利を維持しており、抵抗が存在する。
 
マイナスの実質金利が永続することは、世界の金融市場を歪める危険がある。中央銀行は現実を直視し、速やかに金利を引き上げるべきである。金融緩和政策は別の成長の条件がある場合にのみ経済成長を刺激しうる。今日、多くの余剰資本はキャリートレードで投資条件がいっそう有利な新興市場に向かい、あらゆる種類の市場を不安定にしている。
 
プリンストンのヒュン・ソンシン教授はほとんどのキャリートレードの評価に、米国における160行の外資系銀行の非コアのドル債務の純額を使用している。現在のところ、それは6000億ドルにのぼる。偶然、それはまさしく米連邦準備制度理事会の第二次量的緩和のボリュームである。この資金は投資や消費者需要で米国経済を刺激してはいない。代わりに、そのもたらしたものは、世界経済を不安定化し、新興経済の政策立案者に通貨戦争や経済の過熱を引き起こす資本流入に不満を述べさせる需要ショックである。
 
主流の経済学者たちはいまだ、かなりの失業率で明白な大規模な需給ギャップのために低金利によって経済を刺激する必要性を認識することに囚われている。しかし